スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

團十郎の歌舞伎案内

團十郎の歌舞伎案内團十郎の歌舞伎案内

PHP新書 著者:市川団十郎(十二代目)出版社:PHP研究所サイズ:新書ページ数:237p発行年月:2008年04月この著者の新着メールを登録する⇒『PHP新書ベストセレクション』【内容情報】(「BOOK」データベースより)歌舞伎の誕生から四百年、初代から十一代目までの團十郎の生き様をたどると、日本人ならではの感性が発見できる。荒事の力強さ、女形の甘美さ、物語の繊細さ?ドラマより、映画より、演劇より、一流の歌舞伎はこんなにおもしろい!江戸歌舞伎最高位の名跡を継ぐ役者が、みずからその魅力を紹介。「踊りと舞はどう違うのか」「『勧進帳』の富樫はいつ義経を見破るのか」など、演者にしかわからない体の動き、心の機微もエピソードとともに明らかに。江戸人の遊び心にまみえれば、退屈な人生がもっと豊かになる。【目次】(「BOOK」データベースより)第1幕 團十郎でたどる歌舞伎の歴史(豪快?初代市川團十郎(一六六〇~一七〇四)/話術?二代目市川團十郎(一六八八~一七五八)/実悪?四代目市川團十郎(一七一一~七八) ほか)/第2幕 歌舞伎ができるまで(歌舞伎には演出家がいない/日本の芸能の源は「楽=遊び」の発想/二足歩行と声と ほか)/第3幕 役者から見た歌舞伎の名作ウラ話(歌舞伎十八番の内『鳴神』/歌舞伎十八番の内『毛抜』/歌舞伎十八番の内『勧進帳』 ほか)【著者情報】(「BOOK」データベースより)市川團十郎(イチカワダンジュウロウ)1946年東京都生まれ。歌舞伎役者。日本大学芸術学部卒業。十一代目團十郎の長男として、53年市川夏雄を名乗り歌舞伎座で初舞台。その後、六代目市川新之助、十代目市川海老蔵を襲名。そして85年、江戸歌舞伎最高位の名跡である十二代目市川團十郎を襲名。急性前骨髄球性白血病のため入退院をくりかえすも、復帰後の2007年3月に歌舞伎公演としては初のパリ・オペラ座公演を成功させるなど、第一線で活躍を続ける。その功績が認められ、日本藝術院賞、名古屋演劇ペンクラブ年間賞、眞山青果賞大賞、芸術祭賞(演劇部門、優秀賞)、菊池寛賞、フランス芸術文化勲章など受賞歴は数知れず、07年4月には紫綬褒章を受章。(社)日本俳優協会財務理事、文化審議会委員を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> エンターテインメント> 演劇・舞踊> 歌舞伎・能
さらに詳しい情報はコチラ≫

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

歌舞伎座チケット
最新歌舞伎記事
歌舞伎カテゴリ
最新コメント
歌舞伎座 PR
ページランク
Yahoo bot last visit powered by MyPagerank.Net
スカウター : 歌舞伎座、チケット予約・購入
フィードメーター - 歌舞伎座、チケット予約・購入
あわせて読みたいブログパーツ
  • seo
おすすめ歌舞伎DVD
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。